浪費家の私が節約家になれた理由

不思議なもので、お金は気づけば思っている以上に減ってしまいます。私も昔はとても浪費家でした。みんなにオシャレだと思われたくて毎月高いお洋服を買い、綺麗でいたいのでモデルさんが使っている高いお化粧品を買い、飲み会や毎日のコンビニ通いなど、今思うと恐ろしいほどお金の無駄遣いをしていました。そんな私が今では毎月しっかりと貯金をしています。

浪費家の私が節約家になれた理由はなんだったのでしょうか?

先ず私が貯金をしようと目覚めたのは結婚したいと思う彼氏ができたことでした。当時貯金のない私は彼と結婚したいけど、貯金がないなんて知られたら嫌われるんじゃないか。そもそも結婚したら色々とお金がかかるけど、このままだと全部彼に頼らなくてはいけなくなってしまう。そんな焦りから貯金を始めようと決意しました。

そこから私が1番初めにやったことは、計画を立てることでした。いつまでにいくら貯める。そのためには月にいくら貯めて月にこれだけ使うことができる。とできる限り具体的に計画を立てていきました。

そして、その計画を実行するために行ったことは、先取り貯金をすること、節約するところを決めて徹底的に節約し、使っていいところは気にせずお金を使う、家計簿をつける、この3つでした。先取り貯金は言うまでもなく貯金を始める人には絶対にして欲しいことです。できるだけ口座を分けて、給料日に決まった金額を移し替えるということを行うだけて貯金はできます。

また、お金を使うところにメリハリをつけたことも私が節約家になれた大きな理由です。私は貯金はしたいけど、彼とのデートは我慢せず楽しみたい、と思っていました。そのために普段の食事を自炊にして週3回はお弁当を作るようにしました。それだけで食費を毎月2万円近く減らすことができた上に、楽しむところは楽しんでいたので決してストレスを貯めずに貯金を続けることができました。

さらに、私はアプリで家計簿をつけていましたが、とても簡単に自分の出来る範囲でつけるだけでも毎月のお金の使い方を把握できるためオススメです。

以上が私が節約家のなれた理由ですが、私は貯金をするにあたって1番大切なことは、なんのために貯金をするか、という事をはっきりとさせる事だと思っています。私の場合は大好きな彼と結婚したい!という強い気持ちがありました。貯金をして車を買いたい、貯金をして親孝行をしたい、ハワイに行きたい、なんでもいいんです。

その気持ちが必ず節約家へと導いてくれるばずです。そのうち、目的がなくても上手にお金を使える節約家になってしまいますから。