自分が楽しめる範囲で最低限の価格帯の製品を選ぶ心掛けを

節約の為にも、趣味やレジャーで利用する用品はグレードの高い高級品・贅沢品は避け、コストパフォーマンスに優れた廉価版の製品を長く愛用する、というのが私の持論。

私が趣味で良く出掛けるフィッシングに関してはその典型的な例で、自分のニーズに対し不必要までの高性能が製品に盛られているケースが多く、それを十分見極め、適度な価格帯の製品を意識してチョイスする様にしないと、途端に投じた資金が無駄金となってしまうからです。

ロッドやリールといったアイテムはそれらの中でも最も当て嵌まり、一旦購入してしまえば中古買取でも新品価格の3分の1程度でしか買取ってもらえません。その為使い古して買い替える際は特にスペックの見極めに対し慎重になり、快適に利用する範囲の中で最低限の価格帯の中ら製品を選ぶ様にしているのです。

趣味品だからこそ高価な製品を選ぶ価値がある、という見方ももっともですが、私の経験上、自分が満足し楽しめるのであれば一定以上の価格差は大きく関連してこないと確信しています。

同様の事は基本的に家電や家具にも言えるのですが、こちらの場合、あまりコストパフォーマンスを期待し過ぎると意外と耐久性に劣った製品を掴んでしまうケースが多く、いわゆる安物買いの銭失いのパターンに陥ってしまう可能性もあります。もし長年愛用してゆくつもりならその点注意を払い選ぶ必要が出てくるでしょう。