銀行からの引き出し手数料を、支払いすぎていませんか。

現代ではほとんどの方が給料を銀行に振り込まれ、必要に応じて引き出しています。

平日の一定時間内であれば、無条件に手数料なしで引き出すことができますが、休日や時間外に引き出そうとすると数百円の手数料が引かれます。

普段はかからない時間帯に引き出す様にしているとしても、ふとした時に引き出し忘れに気がつき、休日に手数料をかけて引き出した…という方も少なくない様です。

手数料のかからないサービスもありますが、その多くはクレジット機能付きのカードの作成と、年間いくらの買い物をしなければ年会費がかかる、というものが多く存在します。

そういったうっかり手数料出費を減らすためには、余裕を持って多めに引き出しておくことが肝心です。

たくさん持ち歩くのが不安だとか、持っていると使ってしまう、という方は予備の財布を用意しておき、それは家に置いておく様にしましょう。

予備の財布を使う、この方法を用いたとしてもそれ以外のお金は銀行に預けてありますし、引き出すこと自体はあるので、引き出すタイミングにも気をつけましょう。

25日〜月末はATMに人が多数並びますので、並ぶ時間がもったいないですし、その時間を惜しんで時間外に引き出してしまっては元も子もありません。

月末以外の、10〜20日あたりに余裕を持って引き出しておけば、込み合う時間を回避できます。

給料が振り込まれてからでないと不安…という方もいらっしゃるかもしれませんが、振り込まれる振り込まれないに関わらず、いつかは引き出さなくてはいけません。で、あれば、込み合う時間や時間外を避けるのが得策です。

時間と手数料を無駄にしない様、サブ財布生活、始めてみませんか。