節約のためにまずやめたこと

 節約をする必要に迫られた時、私がこれまでしていたことでまずやめたことをあげたいと思います。

 一番に止めたのは長年愛用していたコンタクトレンズでした。ワンデイを利用していましたが月々5000円近くかかっていました。節約を考え始めたタイミングで老眼が急速に進みました。最初はコンタクトレンズに老眼鏡をかけたり外したりしていたのですが、想像以上の煩わしさにストレスがたまっていきました。

遠近両用のコンタクトもあるにはありますが、「節約」を意識すると眼鏡にするのは今だなと決心したのです。視力に大きな変化がない限り数年は使えるはずですし、何よりかけ外しの面倒から開放されると思うと迷いは一気に吹き飛んだのです。そして、通帳から毎月の引き落としがなくなりました。

 次に、高価な化粧品の定期購入をスッパリやめました。折しも近所のドラッグストアで買える安価なスキンケア用品が高級な化粧品と同じ成分が含まれていると話題になった時期とも重なりました。肌の状態がよいかどうかはともかく使い心地に支障がないので問題なく使っています。そしてまた、毎月の引き落としの一つが通帳から消えました。他にもやめる予定の物事はあるのですが、きっかけという節約のチャンスにアンテナを張りたいなと思っています。