食費の節約のための1日2食生活

朝食、昼食、夕食と子供のころからすりこまれているせいで何となく食事は1日3回取らなくてはならないものだと思いがちです。しかし私の経験からすれば食事なんて1日2食で大丈夫なのです。私はかれこれ5年近く1日2食生活を続けていますが身体はいたって健康ですし、何より食費の節約になります。単純計算すれば一カ月の食費を30%以上節約することができるのです。

私が1日2食の生活をはじめたのは大学の研究室に所属していたときでした。当時私は昼間はアルバイトをして夕方から明け方にかけて研究室にこもり、午前中に眠るという不規則な生活をしていました。そのため多忙な毎日の中で必然的に朝食と昼食を同時にすませることが普通でした。

そんな生活をはじめてまもない時期は不健康なのではないかと多少不安もありました。しかしそんな不安とは裏腹に自分の体調がどんどん良くなっていくのを実感し始めました。だらしなくでっぱていたおなかもへっこみ、午後の1時、2時ぐらいに猛烈な睡魔に襲われることもなくなったのです。

それから私が現代の人間にとって1日3食の食生活というのは多すぎるのではないかと思うまではそう長くはかかりませんでした。昼食後に眠くなって困る人、ダイエットを考えている人、食費を節約したいという人は1日3食生活を試してみてみるのもいいかもしれません。食費の節約を実感できますよ。