みかんを大量に買って困ったときの対処法は、ジャム作りです。

この間、私がよく利用する近くのスーパーでいつも通り買い物をしていた時の事です。

その日は偶然にもみかんがお得な値段で販売されていたので、せっかくなので買って帰る事にしました。

一人で食べるにしては少し多い量を買ってしまいましたが、知り合いや友人を自宅に招いた時や、急にみかんが食べたくなる時もあるだろうとあまり深刻に考えていませんでした。

それから一、二週間くらいはまず皮を剥いてそのまま食べていて、良い意味でいつまでも変わらない味でした。三週間目あたりになってくると、そろそろ見た目と食感に変化がでてきたので、このまま捨てるのはもったいないのでジャム作りに挑戦しました。

ジャム作りの経験は無いので、気持ちとしては好奇心が半分に不安が半分くらいあります。

まずは、みかんの皮を全部剥いて、種を取り除きます。みかんの数が多くて地道な作業でしたが、思っていたよりも意外と大変でした。次に火が通りやすい大きさにしてから、砂糖を少量加えて一緒に鍋で煮詰めていきます。

この段階ですでに美味しそうに見えましたが、そこは鍋を焦がさないように気を配りつつ我慢です。最後に熱を冷ませば、手作りジャムの完成です。

手探りの部分も多かったですが、自分で作ったという達成感がありました。

これでみかんを腐らさずに済みました。貴方もみかんのジャム一度作ってみてください。