油汚れがヒドイ時の食器洗い方法

油汚れがヒドイ時の食器洗いでは、ついついお湯や大量の洗剤を使って食器洗いをしてしまいがちです。ガス代に洗剤代がかかりますが、中途半端に洗うと油が残ってしまうので、仕方ないと使ってしまいがちです。しかし食器洗いをする前に一工夫するだけで、お湯も大量の洗剤も必要ありません。

まずは、いらなくなった新聞紙や古布を用意しておきます。今は新聞をとっていない家庭も多いと思います。新聞がない家庭は、着古して捨てようとしている洋服をフキンサイズにカットして用意します。キッチンペーパーを使用してもいいですが、キッチンペーパーは高いので、オススメしません。

そこまで用意ができたら、あとは簡単です!新聞紙や古布で、油汚れを取り除くだけです。すると、いつもと同じ量の洗剤で洗うだけで大丈夫です。お湯も大量の洗剤も必要ありません。捨てるはずだった、新聞紙や古布で節約できるので、手間はかかりますが、費用はかかりません。

新聞紙などは、シンク汚れやガスコロン周りもお掃除できます。わざわざ、シンク用のスポンジを用意することがないし、油で汚れたコンロ周り用のフキンを用意する必要もありません。拭いたらポイッと捨てるだけなので、後片付けもとても楽です。

片付けが出来ると本当にお金が貯まるのか?

「片付けで100万円貯まった!」

と書いていた本を見つけて購入しました。

本当にそうなのか?と読んでみたところそこには、

「掃除をするとなぜお金が貯まるか」の仕組みについても書いてありました。

まず、家のものを全て出し選別して不要なものはリサイクルショップへ、という内容でしたが、これは書いている通り、リサイクルショップへ売るとお金になりますね。

次に、家がすっきりしたことで「何が何個ある」が把握でき、これが衝動買いを防ぐ効果があるそうです。

セールなどがあるとついつい買い込んでしまいますが、「でもまだ○個あったな」とすぐにわかるからです。

これで、特に食品などは賞味期限がくる→捨てるという無駄が減ります。

それから、掃除片付けや物を探す時間が減り、その分の時間がとれることで他のことに時間を回せます。

散らかっていると「あれはどこにあったっけ?」と探し回り、体力も時間も消費しますが、きちんと片付けられていると上述したような把握ができ、そこまで何かを消費することはありません。この空いた時間で、副業やポイントサイトなどのお小遣い稼ぎが出来るととてもお得です。

…という例があり、私はこれを読んで、「片付けることは収益にもつながる」と納得できました。

みなさん、少しは参考になりましたでしょうか?