節約で浮いたお金を着実に2分割で貯蓄するお勧めの方法

節約で浮いたお金は、着実に貯蓄に回す手段を講じないと、知らぬ間に無駄に使ってしまい、折角の節約が貯蓄に結びつかないものです。例えば、家族の通信費等に大幅なメスを入れ、毎月1万円以上の節約できた場合や、電気やガスの自由化に合わせて毎月3千円余りが節約できた場合等、毎月一定額が節約できた場合には、給与振り込み口座から引き落として、積み立てる方法を採るべきです。

しかもその際に、積み立て預金と他の投資的要素のある積み立てを組み合わせるのがお勧めです。もちろん、1万円程度の節約分は積み立て預金に回し、コンスタントに3~5千円程度の場合には、金(ゴールド)積み立てをされる事がお勧めです。

金はまさかの場合のリスクヘッジとして、いつの時代にも人気のあるものです。しかし、サラリーマン等にとっては、まとまったお金で購入する事はないものでもあります。節約した3~5千円程度を、無かったものと考え、コツコツと金積み立てに回すのです。

貯蓄の分散方法であり、金は長期に積み立て続ける事を前提にしても、インフレ等でも価値が大幅に下落する事がない点がメリットです。しかし、もちろん価格は変動し、そのリスクはある為、少額を長期に積み立てる方法がお勧めなのです。

上手に節約し、その浮いたお金を上手に分散して貯蓄する事で、いつしか資産が増え、まとまった使い方ができると言うものです。

小銭貯金を始めてみて。

私が小銭貯金を始めたのは1年前です。

始めたきっかけは、500円玉貯金の延長のようなものでした。

なかなか500円玉が作れず、お財布に入っているのは100円玉や10円玉。

これを全て貯金箱に入れたら貯まるんじゃない?なんてふと思った事が始まりとなります。

買い物した後、お財布に入っている小銭は全て貯金箱へ移動。

今まで小銭でパンパンだったお財布も、家に戻ればスッキリした状態になりました。

正直、小銭だしあまり貯まらないであろうと思っていた私は、わざわざ貯金箱を購入するのも勿体無く、家にある空き瓶や箱を使っているのですが、突発で小銭が必要な時にこれが意外と便利。

もちろん、基本は開けて使いませんが、お釣りを出さずに渡さないと行けない場合には、わざわざ崩しに行く必要も無いので、重宝しています。

小銭貯金を始めてから1年が経った今、予想以上に入った貯金箱は、数えてみると小銭だけで3万近く貯まっていました。

何不自由なくただただ小銭を入れていただけで1ヶ月分の食費が自然と溜まっていたことに今では驚いています。

小銭だから…と思っていた小銭貯金ですが、小銭だからこそ私にとっては馬鹿には出来ない、手軽な貯金方法です。