自販機は使いません!お茶を入れた水筒持参

外出先でのどが乾いたとき、皆さんはどうしていますか?レストランに入ってドリンクを頼むのも大変だし、やっぱり自動販売機で気軽にジュースなどを買ってしまうのではないでしょうか。

でも、外出するたびに自動販売機で飲み物を買っていると、けっこうなお金がかかります。毎日100円以上は使っていることになるので、計算すると一年でものすごい額になることが分かると思います。

そんな出費をおさえるために、私はマイ水筒を持ち歩いています。最近はコンパクトで軽い製品がたくさん販売されていますし、デザインもシンプルでおしゃれなものが増えています。好きな色の水筒を持ち歩けばテンションも上がります。

中身は自分の家で作ったお茶です。麦茶でもほうじ茶でも、何でもいいのです。前日から水道水で水出ししておいたり、まとめて湧かしたりして、そのまま水筒に入れて外出先に持って行きます。お茶のパックはとてもリーズナブルですし、水道水を使っているので缶やペットボトルのお茶と比べると激安です。

私の周りには、毎日自販機で飲み物を買っていながら「お金がなくて…」と嘆いている人もけっこういます。そういう話を聞く度に、私はマイ水筒をおすすめしています。

片付けが出来ると本当にお金が貯まるのか?

「片付けで100万円貯まった!」

と書いていた本を見つけて購入しました。

本当にそうなのか?と読んでみたところそこには、

「掃除をするとなぜお金が貯まるか」の仕組みについても書いてありました。

まず、家のものを全て出し選別して不要なものはリサイクルショップへ、という内容でしたが、これは書いている通り、リサイクルショップへ売るとお金になりますね。

次に、家がすっきりしたことで「何が何個ある」が把握でき、これが衝動買いを防ぐ効果があるそうです。

セールなどがあるとついつい買い込んでしまいますが、「でもまだ○個あったな」とすぐにわかるからです。

これで、特に食品などは賞味期限がくる→捨てるという無駄が減ります。

それから、掃除片付けや物を探す時間が減り、その分の時間がとれることで他のことに時間を回せます。

散らかっていると「あれはどこにあったっけ?」と探し回り、体力も時間も消費しますが、きちんと片付けられていると上述したような把握ができ、そこまで何かを消費することはありません。この空いた時間で、副業やポイントサイトなどのお小遣い稼ぎが出来るととてもお得です。

…という例があり、私はこれを読んで、「片付けることは収益にもつながる」と納得できました。

みなさん、少しは参考になりましたでしょうか?

食費の節約のための1日2食生活

朝食、昼食、夕食と子供のころからすりこまれているせいで何となく食事は1日3回取らなくてはならないものだと思いがちです。しかし私の経験からすれば食事なんて1日2食で大丈夫なのです。私はかれこれ5年近く1日2食生活を続けていますが身体はいたって健康ですし、何より食費の節約になります。単純計算すれば一カ月の食費を30%以上節約することができるのです。

私が1日2食の生活をはじめたのは大学の研究室に所属していたときでした。当時私は昼間はアルバイトをして夕方から明け方にかけて研究室にこもり、午前中に眠るという不規則な生活をしていました。そのため多忙な毎日の中で必然的に朝食と昼食を同時にすませることが普通でした。

そんな生活をはじめてまもない時期は不健康なのではないかと多少不安もありました。しかしそんな不安とは裏腹に自分の体調がどんどん良くなっていくのを実感し始めました。だらしなくでっぱていたおなかもへっこみ、午後の1時、2時ぐらいに猛烈な睡魔に襲われることもなくなったのです。

それから私が現代の人間にとって1日3食の食生活というのは多すぎるのではないかと思うまではそう長くはかかりませんでした。昼食後に眠くなって困る人、ダイエットを考えている人、食費を節約したいという人は1日3食生活を試してみてみるのもいいかもしれません。食費の節約を実感できますよ。